ポッコリお腹は腸のせい?腸をスッキリさせる方法

腸内環境に対する治療でメンタルの疾患が改善された事例も

精神的な疾患を持っている方々に対しては、偉大なものが効果をもたらしてくれる場合があります。その1つは、腸内環境の改善なのですね。
以前に精神的にネガティブな状況の方々に対して腸内に対する治療が行われたのですが、それで改善された事例が見られるからです。

 

腸内環境に対する治療で精神的な疾患が治った事例

 

例えばあるアメリカの研究所なのですが、自閉症の方々に対してその治療を行ったようですね。自閉症は、もちろん精神的な疾患の1つです。

 

その方々に対して、腸内での細菌類を減らすための治療を行ってあげたそうなのです。すると自閉症は、かなり改善されたようですね。

 

その理由ですが、どうも自閉症の方々はある細菌類が非常に多いのだそうです。それは腸内でよく見られるのですね。それで試しにその細菌類を何とかするための治療を行ったところ、自閉症が改善された訳です。

 

[help]そうかと思えば、別の精神的障害を持っている方に対して、腸内環境を改善するための治療が施された事もあります。腸内に生息している「良い」細菌類を増やす為の資料を行ったのですが、それで精神的な障害が改善されたという事例も見られます。[/help]

 

多少の個人差はある腸内環境による精神疾患の改善

 

087932このように腸内の環境というのは、メンタルの疾患に対して思わぬ効果を発揮してくれる事があるようですね。ですのでちょっと精神的な病が心配な時などは、腸内環境を整えてあげる事を検討してみるのも良いと思います。

 

ちなみにそれには個人差があるようです。一般的には多くの方々に対して効果を発揮してくれるのですが、稀に例外もあります。あまり効果が発揮されない方も、中にはいらっしゃるようですね。

 

ですので個人差はあります。しかし腸内環境を良くすれば、少なくともお腹の調子は改善されるでしょう。体調の改善という意味でも、「腸内環境を整える」という発想は大切だと思います。

私は、昔から納豆が好きですね。納豆の微妙な味わいは、私に上手くマッチしているようです。
ところでその納豆は、腸内環境を整えるためにはとても大切な役割を果たしています。主に2つの意味合いで、納豆が活躍をしてくれているようですね。

 

乳酸菌のエネルギーになってくれる納豆

 

まず1つ目の役割なのですが、乳酸菌のエネルギーです。
乳酸菌も生きていますので、生存し続けるためには何らかのエネルギーを補給してあげる必要があります。その方法の1つが、オリゴ糖なのですね。その糖は、主に豆類などに多く含まれていると言われています。

 

そして納豆は、明らかに豆類ですね。ですので乳酸菌を摂取すると共に納豆を摂取するようにすれば、かなり腸内で活躍をしてくれると思います。それが腸内環境の改善にもつながりますので、納豆は非常に良い食品なのですね。

 

納豆がお腹の中で生息している悪玉菌を減らしてくれる

 

それと納豆にはもう1つ大切な働きがあって、腸内に生息している悪玉菌に対する影響です。実は納豆に含まれているある成分は、お腹の中で悪玉が増えるのを防いでくれるのだそうです。

 

お腹で悪玉菌が減ってくれれば、腸内の環境は明らかに良くなります。それが減ってくれれば、今度はお腹の中に生息している日和見菌が善玉菌に変化してくれるからです。善玉菌はお腹に対してポジティブな役割を果たしていますので、やはり納豆を摂取するのは大切なのですね。

 

ですのでお腹の調子が余り良くないと考えているような時は、ちょっと納豆を積極的に摂取してみると良いでしょう。ちなみに私は、最近お腹の具合がとても良いですね。ここ最近は納豆を積極的に摂取していますが、恐らくそれが功を奏してくれたのではないかと推理しています。

続きを読む≫ 2015/07/28 22:58:28